生徒さんの声

2020 2019 2018
2017 2016 2015
2014

※ここに掲載してある生徒さんの声は、卒業生のほんの一部です。

2020年

僕が歩学舎と出会ったのは、中学三年生の冬でした。成績が伸び悩む僕に父が見かねてこの塾を紹介してくれました。
入塾テストで、“heard”と書くべき所を動詞の活用を正しく理解していなかったため“heared”と書いたのはいい思い出です(笑) とにかく、そのテストで自分の甘さに気づき入塾したのですが、「自分は帝塚山の一番上のクラスだ」という下らないプライドも心の片隅にありました。
しかし、そのプライドは授業を受けていくにつれ崩れ去っていきました。数学も英語も、基礎が全く身についていない。通い始めて最初の頃はそのことを日々痛感していました。それでも、横井先生の授業を受けるにつれ自分が成長していることを実感しました。先生はきっちり細かい部分まで指導してくださるので大変ありがたかったです。高2、高3となるにつれ、過去問や難しい問題に触れることも多くなりましたが、先生の言うように、ほとんどの問題は基礎が出来ていれば解けるようなものばかりでした。
基礎を塾でしっかり固めることが出来た結果、苦手だった英語はセンター試験本番で九割近く取ることが出来ました!数学は二次が特に出来ず、試験が終わった瞬間青ざめましたが…。それでも合格出来たのは、二次でもしっかり英語が解けたこと、しっかりとした答案を書くことで出来ないなりにも数学で部分点が取れたこと(おそらく)、そして何より基礎の集大成であるセンター試験で大きなアドバンテージが取れたことだと思っています。そしてそれを可能にしてくれたのは歩学舎だと思っています。本当に感謝しきれません。 長い間お世話になりました。ありがとうございました。

最後に、後輩の方々へ。基礎をしっかり理解し、応用出来るようになれば、 どんな大学にでも行けると思います。それは学校、塾の授業をきっちりと受け、自分でしっかり勉強することが出来れば可能だと思います。 頑張ってください!

僕が歩学舎に通い始めたのは高校に入ってすぐです。
当時は志望校の畝傍高校に合格できたしある程度自分の学力には自信があったのですが、入塾初日に受けた公文発売の英語問題集のまとめテストで半分以下の点数をとり、いかに自分の本当の能力が薄っぺらいものだったかを痛感しました。 塾で中学英語の基礎から再スタートして、途中では基礎演習しかしないことに不安も感じたりして、けれど3年の夏に公文英語やGET(注:高1向け英文法教材)など、塾で学習した教材を振り返ってみると、僕が英語長文を読むときに思考してる内容のほとんどがそれらに準拠していて実際に解けていることに感動しました。
それとともに基礎から学ぶことの重要性を再確認しました。大学に入って、学問のみならず様々な新しいことを学ぶと思いますが、 歩学舎で先生が指導してくれたように基礎をしっかり固めて実践でいかに使うかを今度は自分の力で考えて前に進みたいです。

私は高一から三年間歩学舎で勉強し、第一志望の神戸大学に合格することが出来ました。
私は中学の頃部活中心の生活を送っていたこともあり、基礎も全く出来ておらず、勉強の仕方すらわかっていませんでした。 模試でも学校のテストでも良い点数が取れない自分の現状に危機感を感じ、入塾しました。
歩学舎では、数学でも英語でも、とにかく基礎の定着を最重要課題として三年間勉強してきました。英語では,基礎を学びその基本を組み合わせるだけで、今まで難しいと思っていた英文も読むことができるようになりました。数学に関しても、私は応用力が全くなかったのですが、授業で白チャートをはじめから全てやり基礎を完璧にしたうえで、その基礎を組み合わせて難しい問題を解くことを練習しました。
その結果、初めて見て解法が思いつかない問題でも、自分の持っている基礎を組み合わせていくことによって、何とか解くことが出来る様になりました。 入塾前、自分は基礎が大切だというのはわかっているつもりでしたが、実際のところは全く定着しておらず、それゆえに模試でも学校のテストでも点が取れなかったのだと思います。基礎の定着は、数学と英語だけでなくほかの全ての教科でも必要な事です。授業を通して基礎の定着が点数に直結するということを身をもって体験したために、ほかの教科でも同じように勉強したら良いと自信をもって勉強することができました。

最後に、私は歩学舎に出会っていなかったら、落ちこぼれのまま受験を迎えていたと思います。 横井先生には心から感謝しています。長い間お世話になりました。

お久しぶりです。K.Y.です。
先程合格発表があり、無事大阪大学理学部化学科に合格しました。 これも先生に教わった英語、数学の基礎があっての結果だと思っています。
本当にありがとうございました。

お久しぶりです。
今日合格発表があり、神戸大学経営学部に無事合格しました! 基礎の大切さを改めて実感しました!!

私が歩学舎に通い始めたのは高3の5月頃でした。それまでは、高1から大手の予備校に行っていました。ですが、かなりのハイペースな詰め込み学習で次第に訳もわからないまま映像を修行をするかのように見ていました。おかげで、英語の成績はどんどん悪くなり高3の頃には何をしていいのかわからない状態でした。
歩学舎に初めて行った時、中1の問題すら間違えていてそりゃ高校の英語もわからないと納得しました。それから、中学生の英語からやり直し、先生が直接添削してくださるため自分では見落としてスルーしていた所がわかったりしていかに自分が甘かったかを感じました。
授業の中でオリジナルのプリントは特に好きでした。頭を使うし、何回も同じことをするので身につきます。また英文の見方が変わります。自分は熟語など覚えきれなかったり、時間がかかったので2周したりしていました。
歩学舎は自分のペースでどんどん進めるので落ちこぼれることもありません。 またやればどんどん進んでいくので正直好きではない教科だったけどやる気が上がりました。 また、教室も賢い学校の生徒さんがたくさんいて自分も頑張ろうとなれる雰囲気で国公立や関関同立ではないですが、自分の納得のいく大学・学部に入れて、英語の勉強の仕方も学べたので歩学舎に通って本当に良かったと思います。
横井先生ありがとうございました。

お電話でのお問い合せ TEL:自立学習型個別指導塾「歩学舎 五位堂校」 インターネットでの問い合わせはこちら