生徒さんの声-2017

2019 2018 2017
2016 2015 2014

※ここに掲載してある生徒さんの声は、卒業生のほんの一部です。

2017年

僕は歩学舎で英語の基礎を完璧にし、志望校に合格しました。
基礎力は重要です。基礎力は大学受験英語の全てです。
僕は歩学舎で基礎力を完全にすることで、複雑で長たらしい英文解釈や、英作文ができるようになりました。そして、私大も国公立の2次試験でも楽に解け、時間にも余裕がありました。
では、僕がどういう風に基礎力をつけたのか。これはシンプルです。
まず、高校程度の文法を完璧にしました。そして中堅大学の過去問、長めの英文解釈を解きました。これだけ見ると、誰もが独りでできるように見えますが、そうではありません。文法については、要点がわかりやすく説明されたビデオを見ます。そして、その要点がわかったか問題を解き、採点してもらいます。これは重要だと思います。参考書には様様なことが書いてあるので、どこが要点かわからずに漫然と勉強してしまうことになります。英文解釈では、構造がわかっていない場合、それを指摘されて、わかるまで自分で考えることになります。これは自学自習にもつながります。
僕は初め基礎の重要さがわからず、予備校の難解な授業のほうがいいと思っていました。ところが歩学舎で学習するうち、それは間違っているとわかりました。徒らに難解な応用を学習しても基礎力はつきません。また、当然ながら基礎力なしには応用も身につきません。
予備校では自分の学年のレベルから学習を始めますが、自分の学年程度以下のレベルに穴があることも多々あります。その穴を放置し、高度なことをやっても身につきません。しかし、授業は高度なので、自分は賢くなっていると思い込み点数は伸び悩む、ということになります。
歩学舎では学年は関係なく、中2内容に穴があれば中2から、という具合に個人に合った進度で学習を始めます。ですから、歩学舎で学ぶと基礎に穴が開いているという事態は考えられません。よって、着実に実力は伸びていきます。歩めば歩むほど進むのです。そして、強固な基礎力があると、自ずから応用問題は解けます。
僕は家では歩学舎でやったことの復習くらいしかせず、あまり勉強をしなかったのですが、不思議と力はついたように思います。これはまさしく歩学舎に来ていたからです。
また、前述のように歩学舎では個人に合わせた教え方がなされています。個別指導とは名ばかりの、機械的にどの生徒にも同じように教える塾よりもよほど個別指導だと思います。
自分に合った教わり方と徹底した基礎力の涵養によって僕は合格し、真の英語力がついたのだと考えています。また、物事を学ぶ姿勢が少しなりともわかったように感じます。
これらは、歩学舎以外では成し得なかったと思います。
歩学舎の横井先生には感謝してもし過ぎることがありません。本当にありがとうございました。

僕は英語が割と得意科目だったので、入塾したときに中1の内容からやり直すと聞いた時、「そんなことをして意味があるのか」と正直思っていました。でもいざ初めてみると大事な文法が抜け落ちていたことが発覚し、それだけでも基礎からやり直してよかったと思いました。またそのおかげで、英語の成績もかなり安定したものになっていきました。横井先生のビデオ講座もとてもわかやすく、超難問は解かない!というようなスタンスは僕にとってとても役に立ちました。今までは全部の問題を解いてやろう!と意気込んで解いてきたものですから笑
センター試験の後の前期の受験校を決める時に、なかなか決めることができず悩んでいたときに横井先生のアドバイスが発覚あや、とても心に響き、前期の受験校を決めることのできた大きな要因の一つになりました。
この塾に入ってから、自分の勉強に対する考え方も大きく変わりました。たぶんこれは大学に入っても、役に立つ貴重な財産だと思います。
横井先生には、第一志望の大学合格に導いていただいただけではなく、勉強方法の相談や進路の相談にものっていただいて感謝してもしきれないほどです。本当にありがとうございました。

私は高校1年生の終わりから病気のために学校を休学しました。出席日数が足らず進級することができなかったので、高校を中退しました。
大学には進学したかったので、休学中の高校2年生の時に高卒認定試験を受験し、合格しました。
しかし、大学進学を目指すといっても、実際は高校1年分しか習っていないため、何から手をつけてよいのかまったくわからない状況でした。
大手予備校の授業も受けましたが、私が習っていないところは、みんな知っていて当然として授業が進むので、全く理解できませんでした。
参考書を開いても労力と時間ばかり費やし、要点がつかめず、本当に暗い闇の中をさまよっている気分でした。
教科書さえ終えていないのですから、基礎ができていないことは十分過ぎるほど自覚していました。
すべては基礎をきっちりと固めてからという先生の言葉に引き寄せられ、藁にもすがる気持ちで1年前に教室を訪ね、英語は中学から、数学も数1から見ていただくことになりました。
昼間はゆっくり過ごして、夕方5時から10時まで歩学舎で勉強するという生活を送ってきました。
でも、普通の予備校生は朝から晩まで1日中勉強しているものです。
正直言って、大丈夫なのかと不安に押しつぶされそうになったこともあります。
今思えば、先生は、私の状況に合わせた講義を組んでくださっていて、私は最小限の努力で最大の効果を得ることができたのではと思っています。
工学部志望でしたが、センター試験が終わってから数Ⅲを教えていただきました。
白チャートを終了し、過去問を解く。2次試験対策はこれだけでした。
過去問では、私が受ける大学よりレベルの上な神戸大などの入試問題を解きました。
すると、どの問題も白チャートに載っている知識で解くことができ、その組み合わせに過ぎないということを実感しました。
こうして、私は大学に合格することができました。歩学舎で学ぶことができてよかったです。

僕は高1の冬から2年間お世話になりました。
学校の授業は進みが速く、ついていくのが大変でした。特に英語は苦手意識が強く、どんどん置いてきぼりになっていくのが目に見えて感じていました。
これでは大学受験に絶対困ると青ざめていたとき、歩学舎の門を叩きました。
横井先生の指導にしたがい、中1の基礎から叩き直していただくと徐々に少しずつ英語の成績があがってきました。現役の受験は残念でしたが、浪人時代は英語に困ることはなく、他の教科に時間を割くことが出来ました。
高1の冬に横井先生に出会っていなかったら、この合格はなかったと思います。
本当にありがとうございました。

お電話でのお問い合せ TEL:自立学習型個別指導塾「歩学舎 五位堂校」 インターネットでの問い合わせはこちら